横浜のキャバクラに体入してみました


旦那のために…

ギャンブル狂の旦那は、結婚当初から借金がありました。少しずつ返すという約束をして一緒になりましたが、結婚してからも借金は増える一方でした。ギャンブルは中毒みたいなものだから、そのうち治るだろうと軽く考えていた私も、さすがにやばいと思うようになり、横浜の繁華街にあるキャバクラでキャバ嬢として働き始めました。旦那は高収入というわけではなく、それでも仕事の後や休日はパチンコ屋に入り浸っていて、私がキャバクラで働き始めてもそれは変わりませんでした。初めは申し訳ない素振りを見せていましたが、だんだんと生活はすれ違い会話も無くなりました。ただただお金を稼がなきゃという一心で働いていたキャバクラが、そういう生活から目を背けるためにもだんだんと自分の居場所になっていきました。お金持ちで仕事も遊びも一流のお客さんと話していると、現実を見るのが惨めな気になっていったんです。気づけば毎月かなりの金額を稼ぐ代わりに、家庭は崩壊状態になりました。旦那の借金は相変わらず増えていて、もう私は匙を投げることにしました。離婚は簡単ではなさそうですが、今どうにか円満離婚できるように話し合っています。